30代サラリーマン男の趣味探し日記

趣味の無い男の老後は悲惨だ!と思い30歳から趣味さがし!共感できる人はコメントもらえるとうれしいです!

NHKの受信料の徴収について

f:id:m-4429:20161004194556j:image

 

私はNHKの受信料を支払う事については反対ではありません。

 

私は大学時代から一人暮らしの時はNHKの受信料を払ってきました。

学生の時は、テレビはほとんど見なかったけど、お金がなくて生活が厳しくても義務だからと思って払ってきました。

 

社会人になり最初はアパートを借り、今は子供が生まれるのと同時に貸家を借りて住んでます。

 

アパートに受信料の徴収の方が来たので、キチンと支払いの契約を済ませました。

それからアパートには6年住みました。

 

今から3年くらい前、

アパートから貸家に引っ越す2日前の出来事です。

 

当時は妊娠8ヶ月の妊婦の妻が1人アパートで留守番してました。

 

私は仕事で毎日夜9時過ぎに帰宅してました。

 

帰宅後妻が、『夜8時くらいにNHKの受信料の徴収が来て支払いした。』と言うのです。

 

なんだそれ?

とても疑問だらけでした。

 

契約をよく見たら衛生放送追加になってました。

衛生が見れる事は私も妻も知りませんでした。

 

アパートは最初からアンテナが付いてるから支払いの義務があると言われたそうです。

しかも旦那に相談してみてからでも良いか?と妻が徴収に来た方に聞くと、

『家族の方のサインがあれば大丈夫、旦那に確認する必要はない、支払いは義務だから』と言い、その場で電話すら掛けさせてもらえないくらいの勢いで言われたそうです。

2日後に引っ越す予定だという事も伝えたそうです。でも聞いてもらえなかったそうです。

旦那がもうすぐ帰ってくるから、9時過ぎにまた来て、と言ってもダメだと言われたそうです。

 

正直怖かったそうです。

少なくても30分以上玄関に居続けたそうです。

妊婦の妻は、怖いし、体も辛かったので、仕方なくサインしたと私に言いました。

 

正直、受信料を支払う事自体に不満はありません。

しかしなんか腑に落ちない。

夜遅くの訪問。妻へのサインの強制。

そもそも最初から衛生放送が見れると言うのなら、なぜ最初の契約の時に言わないのか?

 

人としてどうなのでしょうか。

仕事なら仕方ないのでしょうか?

 

2日後に引っ越を終え、NHKに住所変更の電話をし、貸家では衛生のアンテナが無い事を告げました。

しっかりと衛生放送1ヶ月分取られました。

ますます納得できない。

今では子供が教育テレビを楽しみに見てますが、

私はそのテレビを見るたびにこの日の事を思い出し、少しモヤモヤした気分になります。

 

NHKさんにはしっかりとした対応をしてほしいと思います。